海外医薬品について学ぶ

現代社会はインターネット通販の時代

病気は絶えず起こるものです。

でも実際に病気が起こって病院や薬局に行くことは大きな労力です。

実際に重病になってしまったら、私達は身動きすら出来ない訳ですし。

また実際に、そういう時に私達はどうすればいいのか頭を抱える問題です。

一番ベストな方法は、自宅に効果的な薬が既にあることです。

しかし、そんなタイミング良く薬を自宅に準備出来るものでしょうか??

それに、薬がたとえあったとしても効果ない薬かもしれません。

所詮薬局で購入する薬に大した期待など本来出来ないはずではありませんか。

やっぱり、病院で処方される薬を確実にゲットしたいですよね。

でも実際にはケースとして絶対安静のケースもあるはずです。

病院へ向かう時間、病院の待ち時間のことなど考えると、決して効率良くない場合もあるはずです。

私達の願いはこういう場合に、もっと簡単に医薬品を手にいれることが出来ないかという問題です。

薬局だって、病人が出掛けるのには非常に腰が重い問題です。

そして、地方の人たちは薬局が近くにないケースもざらにある訳です。

今、現代社会で結構私達は便利な時代にいます。

インターネットで薬が簡単に購入出来てしまうのです。

実際には海外で販売されているインターネットで簡単に購入出来る薬の中には、病院でしか扱っていない成分の薬も多く販売されているのです。

病院と同じ効果の薬をインターネットで購入出来ます。

インターネット通販なので、出掛ける必要もありません。

 

ゼニカルはアメリカFDA認可済

『ゼニカル』は、アメリカFDAが認可する安全性が高いダイエット医薬品です。

ゼニカルの働きは、リパーゼ吸収の阻害。タンパク質や炭水化物といった栄養素は、1gあたりのカロリーによって脂質と言える状態になります。

ゼニカルはこの辺りに働きかけ、カロリーを削減します。食事に含まれる脂肪分を体内に吸収せず、そのまま体外に排出するのです。

この働きは、ゼニカルの主成分・オルリスタットが可能とします。肝臓に備わっている分解酵素リパーゼの分解・吸収作用を抑え、結果的にカロリー削減を可能とするのです。

もちろん、体外に排出するためには良い便通が求められます。

ここで活躍するのが、ゼニカルが含有するマイクロクリスタルライン・セルロース。この成分が腸内浄化に働きかけ、便通を整えます。

アメリカFDAには認可されているゼニカルですが、サノレックスと異なり日本での認可はおりていません。

しかしアメリカFDA(食品医薬品局)が認可しているだけあり薬害報告の届け出はなく、非常に安全性が高いダイエット薬であることが窺えます。

しかしながら、注意すべき点もあります。

ひとつは、すでに形成された体内脂肪には効果がないこと。

もう一つは、便通の増加とそれによる脂溶性ビタミンの不足です。

またゼニカルの服用は、基本的に医師の指示が必要です。

適切な利用を行い、ダイエットを続けましょう。

正しく薬を飲む

薬は病気を治したり、身体の調子を整えるために服用します。

しかし、飲み方によってはその効果を発揮できないばかりか身体に悪影響を与えることもあるので、正しい飲み方をしなければいけません。

服用にあたっては、コップ一杯のぬるま湯が好ましいでしょう。

水でも構いませんが、体温に近いほうが体内での薬の吸収率が良いからです。

粉薬は水なしで服用すると喉粘膜に炎症を起こしたり、むせて気管に入ったりする恐れがあるので止めましょう。

薬の服用時間の指定は「食前」「食間」「食後」のいずれかが多いのですが、これは薬の成分の作用によります。

空腹時の方が効きやすい成分、満腹時に効きやすい成分、空腹時に服用するとおなかに刺激がきつ過ぎる成分など必ず理由があるので、指示に従いましょう。

食間については勘違いしている人もあるようですが、「食事中」に服用するのではなく食事と食事の間、つまり食後約2〜3時間で服用するようにしてください。

仕事の都合などで規則正しい食事が摂れないケースはどうすればいいのでしょうか?

そんな場合、食事の時間に合わせていては却って薬効が認められないこともありえるので、生活のリズムに合わせて服用するといいでしょう。

朝食を採らないという人も少なくないようですが、それでも起床後1〜2時間以内には薬を飲む必要があるので、「食後」の処方なら例えば牛乳を一杯飲んでからなどでも構いません。

薬を飲み忘れたからといって、次に前回分と併せて飲むなどは厳禁です。

どうしても薬を飲んだり食事の時間が不規則にならざるを得ない人は、医師に相談してみるといいでしょう。

食事に影響されない薬を処方してもらえるかもしれませんよ。