海外医薬品の実用性について

一般的に日本は新薬の開発能力は高レベルですが、認可の申請時期が遅れたりして承認/販売となるまでの期間が欧米と比較すると長いです。

その為、命に関わりような病気の場合、海外薬品しかすがるものが無い時は海外の医薬品を利用するのも手だと思います。

その際には、主治医と充分に協議、調査してから取り組むようにするべきです。

また海外の医薬品の臨床試験については、基本的にその国の人が行いますので、若干の体格差もでてきますので、その点も含めて利用するべきです。

その他の日常的に服用するような薬について(鎮痛剤、風邪薬、胃腸薬、等)は、効き目が強い傾向があります。

これは日本は国民皆保険制度をとっており、保険証1枚でどの医療機関にも気軽に受診でき、薬を処方される為、一般の薬局では比較的、効果の軽い薬品を取り扱っています。

症状が重いのであれば、病院に行って診療して貰いなさいというのが日本のスタイルです。

変わって、諸外国の中には、この制度をとってない所があり、その場合は個人個人で医療保険に加入するという形をとります。

その為、非保険加入者も多く、日本と比較すると通院診療の敷居が高く、ちょっとした症状であればまずは薬局にて薬を購入して治してしまおうというスタイルの違いから、薬局においてある薬も効能が高いのがあります。

海外医薬品の選別方法

日本でも、名がしれているような大手メーカであれば特に問題はないと思いますが、それ以外のメーカについてはしっかりと事前に調査したり、専門家に聞いて購入した方がいいです。

厚生労働省のホームページにも注意喚起されておりますが、中には模造品もあったりと健康被害の症例もあります。

また、海外医薬品についての知識が乏しいお医者様もいらっしゃいますので、何か副作用があった際に適格に対応できないケースもある可能性もあります。

以上の事より、選別方法については、慎重に信頼できる所から購入した方が良いでしょうう。

海外医薬品の利用方法

海外医薬品について購入する方法については、①現地(海外)で直接購入する②通販サイトにて購入する 以上2点が主な購入ルートになります。

国内薬品と比較すると、利用方法については充分に注意ないといけません。

なぜなら、国内薬品については充分に臨床試験が行われた上で厚生労働省が認可したものを販売するといった一定の流れがあります。

基本的には海外も、同じような臨床試験等を行い認可という流れなのですが製造国により、臨床試験時間が短かったりします。

また、基本的には説明書については英語表記や現地の言語表記ですので、間違って服用してしまったとか、間違った薬を注文したというリスクもあります。その点を注意して利用しましょう。

海外医薬品の評判

ネットで検索すると、ネガティブな事例も記載されておりますが、しっかりとした海外の製薬会社の商品であれば評判は概ね良好です。

日本の薬については確かに高品質なものが多いですが、海外製薬についても同様の高品質なものもあります。

個人で注意して購入、服用するのが大事です。

私も海外旅行先で、胃が荒れて、現地で胃薬を購入しましたがとても早く効き、副作用もなかったです。効き目も日本の胃薬と比較すると強かったです。

購入の際には、ちゃんと店員に詳細を確認した上で購入しました。

海外医薬品と海外旅行

海外旅行時に、腹痛、頭痛、乗り物酔いになったとそのような経験はあるかと思います。

日本から持参していけば、問題ないのですがうっかり忘れてしまった場合には、現地の薬局で買うという選択肢もあるかと思います。

その場合には出来れば薬剤師さんがいらっしゃる店舗にて、きちんと症状を伝え、服薬方法や量を守れば問題はないかと思います。